お知らせ

「小型ロボットアームを活用したシステム構築の基礎」講習について

「小型ロボットアームを活用したシステム構築の基礎」講習を岩手県立大学さまにて実施いたしました。
これは、「ものづくり」と「ソフトウェア」を融合した新技術を活用した産業の開拓や新製品の提案力を備えた高度技術者の養成を目的として、“岩手県立大学いわてものづくり・ソフトウェア融合テクノロジーセンター(i-MOS)”さまが開講している講習会となります。

企業技術者だけでなく、社会人、企業経営者、教員、学生と様々なバックグラウンドをお持ちの方々に参加いただきました。

本講座では、STEM教育から産業用途まで幅広く導入されている“Dobot Magician”を活用し、ロボットアームの制御方法やエンドエフェクタの活用、周辺機器との連携について総合的に学習する場を提供しています。
さらに、RaspberryPiを用いたPLC制御の基礎やEIO連携などより実際の生産現場にも活用できる技術についても体系的に展開しています。

最終課題として、受講者の方々でチームを組んで「模擬生産ライン」の立ち上げに取り組んでいただきました。
これは、2日間にわたって学習した事項を生かして、最終的に実際の生産現場に導入する際の課題や考え方を身につけるための課題となります。

その他、講習会の詳細は以下のページをご参照ください。

http://i-mos.iwate-pu.ac.jp/docs/2019111400010/
(【12/12・13開催】「小型ロボットアームを活用したシステム構築の基礎」のご案内)